読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トマポケ

野球のあれやこれやを語ります

楽天・島内宏明の本塁打記録に期待が懸かる!

f:id:thomasonpoket:20170117142700j:plain

昨年は惜しかった。島内宏明本塁打記録が出るかもしれなかったのだが……。

ホームランバッターでも無いのに、なぜ期待が懸かるのか?

データを見てもらいたい。

生え抜き選手が一人もいない!

f:id:thomasonpoket:20170117143737p:plain

上の表は、日本人で10本以上本塁打を放った、楽天の選手一覧だ。

実はこのなかに、生え抜きはいない。設立当初からのメンバーはいるものの、初めて所属した球団が楽天という選手はいないのだ。

 

そして昨季、島内の本塁打9本だった。

あと少しで、生え抜き初となる二桁本塁打を記録するところだったのだが、最後の一本が打てなかった。

 

なぜ打てなかったか?

最後の一本を打てなかったと書いたが、そもそも島内はホームランを狙える選手ではない。

ゴロ/フライ率というものがあるが、島内は1.36と高い。この率は1より下だとフライが多く、上だとゴロが多いというもの。

島内の1.36は同じチームで言うと、銀次茂木栄五郎に近い。この当たりの選手を想像してもらうと、島内の弾道がわかりやすい。

 

しかし、逆に言えば、ゴロが多いながらも9本のホームランを放った島内は褒められていい。

元々、パンチ力がある選手ではあったが、昨季は打球が伸びるようになった。今季、開幕から好調を維持すれば球団初となる「日本人生え抜き二桁本塁打記録(長い記録名だこと)」を樹立することになる。

 

他に打てそうな選手は?

最後は、島内以外の生え抜きで二桁打てそうな選手を探してみよう。

まずは、内田靖人。昨季一軍で2本打っている期待株だ。当たった時のパワーは凄まじく、本塁打の飛距離が長い。二軍でも13本打った。

ただ、いかんせん三振が多く、一軍では58打席で三振27。打席の半分に一回くらいは三振していることになる。

二軍でも371打席で101三振。荒っぽさを無くさないと、一軍定着は難しいか。

 

もう一人はルシアノ・フェルナンド

ブラジル出身だが日本の学校を卒業しており、そのままドラフト指名された選手だ。

昨季は214打席で14本塁打。三振も44と少ない。

期待できる選手だが、2年連続で一軍で打てていないのは気になる。

慣れれば打てるのかもしれないが、妙にきゅうくつそうなスイングが一軍で対応できるのかどうか?

速球に詰まらされると厳しいようにも見える。

 

まとめ
  • 島内が来季10本以上打てれば、球団初の記録に。
  • 二軍にも有望株はいるので、今後、記録を更新し続ける可能性も。
広告を非表示にする